お手入れ方法

  • HOME
  • > お手入れ方法

メガネの正しい取扱い方とお手入れ方法


1. 掛けるとき

メガネの正しい取扱い 掛けるとき

テンプル(つる)をきちんと開いて、顔を添わせながら正面よりゆっくり掛けてください。
この時、テンプルの先で目や顔を突かないようにご注意ください。


2. はずすとき

テンプル(つる)を持って、顔に添わせながら正面よりゆっくりはずしてください。
片方のみを持って無理にはずしますと、レンズやフレームを破損したり変形したりすることがあります。

特に縁無しメガネは丁寧に扱ってください。
また、はずすときにテンプルの先で目や顔を突かないようにご注意ください。

 

3. 置くとき

メガネの正しい取扱い 置くとき

レンズの凸面を上向きにして、置いてください。
下向きにしますと、レンズにキズが入ります。


4. 拭くとき

メガネの正しい取扱い 拭くとき

拭く方のレンズの外側を持って、「レンズ専用メガネ拭き」でそっと拭いてください。
拭く方の反対側を持ったり、力を入れすぎたりしますと、フレームやレンズが破損することがあります。


5. レンズに異物やホコリ等が付着しているとき

キズに強いコート加工のレンズでも、まず水洗いしてください。
ティッシュペーパーで水気をとり、レンズ専用メガネ拭きで軽く拭いてください。空拭きしますとキズが入ります。

 

6. 超音波洗浄器ご使用のとき

メガネの正しい取扱い 超音波洗浄器ご使用のとき

超音波洗浄器を使用される場合は、3分以下を目安に、メガネを水中で揺らしながらご使用ください。


7. 汚れがひどいとき

中性洗剤を薄めた液で軽く洗った後、水洗いしてください。

石鹸、ハンドソープ、ボディソープなどはアルカリ性ですので、使用しないでください。
レンズのコートが弱くなり、はがれる原因となります。

 

8. メガネが濡れたとき

メガネの正しい取扱い メガネが濡れたとき

すぐにメガネ拭きで拭いてください。そのまま放置されますと、レンズに水跡がシミのようになって取れなくなります。

また、フレームは、金属部のサビや樹脂の変色・変質の原因となります。


9. 持ち運びするとき、使用しないとき、保管するとき

メガネの正しい取扱い 持ち運びするとき、使用しないとき、保管するとき

持ち運びする際や使用しない場合は、手入れしたうえで、図のようにレンズ部をメガネ拭きでくるんでからメガネケースに入れて、高温・高湿にならないところに保管してください。

また、防虫剤、洗剤、化粧品、整髪料、薬品等の入った場所には保管しないでください。レンズ、フレームの変質、変色、劣化の原因となります。


10. 汚れが拭き取りやすい「VPコート」や「SPFコート」、「VGコート」付きのレンズのお手入れ

市販のクリーナーや洗剤等のご使用の際には、クリーナー等の成分がレンズ面に残らないよう、よくお拭き取りください。クリーナー等の成分が残りますと、VPコート、SPFコート、VGコートのレンズ表面のすべり感が低下することがあります。

そのような場合にはクリーナー等の成分をよく洗い落とすことにより、元のすべり感が戻ります。